とよだ日記-活動報告-

10月17日 決算特別委員会市長総括2日目

昨日に引き続き、本日は決算特別委員会市長総括が行われ、「京都市立芸大の移転について」質問を行いました。
本日の質問は当初、「訴訟案件が増えている中での法制課の拡充について」の質問を行う予定でしたが、2日連続で京都党が芸大移転に対する非見識な質問をマスコミを引き連れて行った為、怒りの質問変更。
京都党は芸大移転の基本構想と基本計画に対して賛成をしておきながら、昨年度に突如移転反対に転じました。また、所管委員会でも芸大移転についてはほとんど質疑を行ってきませんでした。
それにもかかわらず、本年になり、京都党の西京区と下京区の候補予定者が地域を回り、芸大移転に関する恣意的なアンケートを実施した結果を市民意見の様に公平なアンケートと称し質問を行いましたが、それはおかしいと一刀両断しました。
途中まで芸大移転に賛成をしていた整合性をどう考えるのか理解に苦しみますし、京都党を応援する「応援団」の方々は本件をどう理解されるのでしょうか。
政治はパフォーマンスではないといわれていますが、見識のない支援者を「目くらまし」する事だけは止めて貰いたいものです。

2018年10月17日 9:02 PM | カテゴリー:とよだ日記-活動報告-