とよだ日記-活動報告-

11月6日 文化環境委員会

本日は文化環境委員会。
山本拓史市議が、理事長を務めていた、「NPO法人の改善結果報告書」についての報告を聴取。
質疑の冒頭に、山本市議から「弁明の余地もない」等とこの間の本件に対する謝罪がありましたが、9月市会最終本会議で問責決議がなされたこの期に及んでは何の為の謝罪か理解に苦しみました。
本件について、山本市議は嘘に嘘を重ねてきた事に対して、どのように責任を取られるのか、議員としての判断が問われると感じます。
これは、谷川京都府議が、政務活動費不適正問題の発覚後に入院して説明責任を果たさず、職責も全うしないまま、議員の椅子にしがみついている様子とも重なります。
間近でこうした地方議員を見ていると同じ職業に就く者として恥ずかしい限りですが、一方で府民・市民がこうした事案に対してもっと声をあげる必要があると感じます。

午後からは京都市美術館再整備事業の実地調査。

平成31年度のリニューアルオープンに向けた工事の進捗状況を確認しました。

2018年11月6日 10:56 PM | カテゴリー:とよだ日記-活動報告-