とよだ日記-活動報告-

5月30日 京都市バス運転手の暴言について

今朝の京都新聞で、京都市バスの運転手が乗客に「何してるねん。後ろ下がれ」「あほか、気色悪い」などとの暴言を浴びせ、交通局は運転手の処分を検討すると報道されました。

交通局に本件の事実確認を行いましたので報告します。
本件は乗客の方に全く瑕疵はなく、バス運行中に乗客が(下車の為と思われるとの事)運転席近くに来た際に、運転手が乗客により周辺が見えにくくなり、「何してるねん。後ろ下がれ」と言い、そして乗客が座席に戻る際に、運転手がマイクを通じて「あほか、気色悪い」と呟いたとの事です。
現代社会ではクレーマー等の問題もあり、お客さんが全て正しいとは思いませんが、今回の様に乗客に全く責任が無い中で、この運転手の社会人以前の発言に驚きました。
更に、交通局が運転手を2日間の研修後に通常業務に戻す対応については異様であり、マスコミ報道によって処分を検討する等という呆れた対応に抗議しました。

近年、京都市交通局職員の資質向上を目指し取組を行ってきたにも関わらず、「信賞必罰」の体制が構築出来ていないのは残念な事ですし、何よりも一生懸命に仕事をされている職員の方からすれば背信行為になります。
議会で今後の再発防止への取組強化と本件運転手の厳しい処分を求めて参ります。

2018年5月30日 3:02 PM | カテゴリー:とよだ日記-活動報告-