とよだ日記-活動報告-

8月11日 地方議員の年金制度

地方議員の年金制度。
議員を自営業に例えて反対するのは簡単ですが、年金一元化も含めた加入議論をしていく事は必要だと感じます。
反対されている議員の方は、自身がどのような生活プランを描いているのか明示しなければ、一過性の単なる人気とりに見えてしまいます。
私は会社役員をしており厚生年金に加入しているので、個人的には議員年金に頼らない生活設計をしています。
しかし、都道府県議や政令市議の専業化が進んでいる事と、市町村議は報酬が低いケースが多く、かつての共済制度の議員年金が一つの老後の支えになっていたのが現状です。
今回はその既得権益とされた共済年金制度ではなく、厚生年金制度としての議員年金の議論であり、今までとは分けて考えるべきですし、報酬・政務活動費も含めた議員のあり方をこの際しっかり議論するべきです。
税負担が増える事ばかりを強調される党もありますが、それならば政党助成金制度にもメスを入れるべきだと思います。
皆さんからの批判もある事と存じますが、多方面からのしっかりした議論を望みます。

2017年8月11日 11:19 AM | カテゴリー:とよだ日記-活動報告-